トップページ> 活動報告> 研究会_20180315

研究会

分科会研究会のご案内と開催報告です。

沙漠誌分科会研究会「若手研究者による沙漠文化研究の新たな地平」

2018年 3月 15日(木)、東京都板橋区の大東文化会館にて、沙漠誌分科会研究会を開催します。

【場 所】  東京都板橋区徳丸2-4-21
       大東文化会館3階302号室
       最寄り駅:東武東上線東武練馬駅徒歩30秒
       http://www.daito.ac.jp/campuslife/campus/facility/culturalhall.html

【会 期】  2018年3月15日(木)13:30‐17:00

【主 催】  日本沙漠学会沙漠誌分科会、片倉もとこ記念沙漠文化財団 

【開催趣旨】
近年、沙漠誌分科会では、沙漠地域でフィールドワークをこなす若手研究者が少なくなってきているのが悩みの種となっています。このような中、フィールドワークに力を入れる2人の気鋭の若手研究者をお招きし、彼らの研究について伺います。今後、沙漠文化研究を活性化させていくために、若手研究者に対してどのような支援が必要なのかという点についても、合わせて議論します。 平日ではありますが、皆様どうぞふるってご参加ください。

【プログラム】
司会(石山 俊・国立民族学博物館)
13:30~13:40 趣旨説明(渡邊 三津子・千葉大学)
13:40~14:40 廣田 千恵子(千葉大学)
「中央アジア・カザフ人社会における文様・装飾文化の現状ーフェルト敷物の製作・使用方法を中心にー」
14:40~14:50 片倉もとこ記念沙漠文化財団 若手研究助成 授賞式
14:50~15:50 中尾 世治(総合地球環境学研究所)
「サハラ越え交易からみる、地域間交易の近代の研究に向けて」
15:50~16:00 休憩
16:00~16:15 総評(原 隆一・大東文化大学名誉教授)
16:15~16:20 閉会(縄田 浩志・秋田大学)

※ 閉会後、16:20より、沙漠誌分科会総会を実施いたします。

【お問い合わせ】
〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1-33
千葉大学大学院人文科学研究院
沙漠誌分科会事務局
渡邊 三津子 気付
E-mail: sabakushi.C (a) gmail.com