トップページ> 活動報告> シンポジウム_20191020

研究会

分科会研究会のご案内と開催報告です。

シンポジウム「半世紀前の写真資料の研究活用:サウディ・アラビア、ワーディ・ファーティマ地域における再調査から」

 2019年10月20日(日) 浜情報文化センター6階 情文ホールにて、日本沙漠学会秋季シンポジウム「半世紀前の写真資料の研究活用:サウディ・アラビア、ワーディ・ファーティマ地域における再調査から」を開催しました。

【場 所】  横浜情報文化センター6階 情文ホール

【会 期】  2019年10月20日(日)13:00-17:00

【主 催】
日本沙漠学会、日本沙漠学会沙漠誌分科会

【共 催】
横浜ユーラシア文化館、片倉もとこ記念沙漠文化財団、人間文化研究機構基幹研究プロジェクト「現代中東地域研究」(秋田大学拠点)、科研費「半世紀に及ぶアラビア半島とサハラ沙漠オアシスの社会的紐帯の変化に関する実証的研究」

【午前の部 プログラム】
10:00~11:30 日本とサウディ・アラビアの学生有志による研究発表・討論会

【午後の部 プログラム】
13:00~13:10 開会挨拶および主旨説明
渡邊三津子(片倉もとこ記念沙漠文化財団)
13:10~13:30 「西アジア・北アフリカ乾燥地における半世紀前のフィールド調査資料を活かす」
縄田浩志(秋田大学)
13:30~13:50 「土地利用と農業の変容:現地調査による景観変遷の復元」
石山 俊(国立民族学博物館)
14:00~14:40 関連企画展示「サウジアラビア、オアシスに生きる女性たちの50年―『みられる私』より『みる私』」の見学(展示観覧料は個人負担)
会場:横浜ユーラシア文化館(横浜情報文化センターとなり)
14:50~15:10 「住居の変化:1960年代のニューモードのいま」
遠藤 仁(人間文化研究機構)
15:10~15:30 「衣装にみるリサイクルとリバイバル:晴れ着と内着を例として」
郡司みさお(片倉もとこ記念沙漠文化財団)
15:30~15:50 「被写体と研究者の協働:被写体女性への写真利用許諾プロセス」
藤本悠子(片倉もとこ記念沙漠文化財団)
(休憩)
16:00~16:50 パネルディスカッション
16:50~17:00 閉会挨拶

【お問い合わせ】
沙漠誌分科会事務局 (渡邊三津子)
sabakushi.c (a) gmail.com ※(a)を@に変更してください。